ピアノ演奏で歌ってみました 栄光への架橋

youtube素敵なピアノ演奏をアップされている方と、
偶然知り合いになりまして、歌わせてもらえることになりました。
とっても上手なピアノ演奏です。

八幡の流れ橋01.JPG


栄光への架橋 : 唄ゆず

男がひとり飲む酒は  小田純平

仕事の帰りとか、一人旅でふと入った居酒屋で、一人ぼんやりと飲む酒はなかなかいいものだ。
日ごろの仕事の疲れもあったりして、誰にも気兼ねせず旅に出ると心地いい。
それを寂しいと思うものもいるが、わたくし的にはすごくいい時間が流れてくる


156319417266997005916-thumbnail2[1].jpg

たまたま隣り合わせた人の話が耳に飛び込んできて、その方の人生を考えてみまがら
仕事の愚痴もあれば、人を好きになったり別れたりの話であったり、様々な人間模様が浮かんでくる。
そんな話を酒のあてにちびりちびり飲む酒は格別の味だ。


156319418444854086214-thumbnail2[1].jpg

小田純平さんの歌う男がひとり飲む酒はを歌ってみました。
人生酒なくして何が楽しいか。
ふとつぶやいてみたくなる

男がひとり飲む酒は 歌 : 小田純平




小芝居は楽しい  役者 ちあきなおみ

ネットでカラオケしていると、台詞入りの歌を上手に歌っている方がたくさんおられます。
みなさんの歌を聞いていると、自分も一度試してみようかと思って、大胆にも挑戦したのが病みつきになって、今では何曲も台詞入りの歌を歌っています。


画像



どさ周りの役者みたいなもので、一度やりだすとなかなか面白い。
主役になりきってやりますから、一度味わったら蜜の味みたいなものです。
次から次に挑戦しては歌っています。


男性歌手の歌、女性歌手の歌など、ジャンル無視でなんでも挑戦。
時には一人デュエットまでしていますが、カラオケやパソコンはボケ防止にはもってこい。
ボケたらアカンので人に何を言われようと歌っています。




役者  歌 :ちあきなおみ

鎮魂歌  身も心も

ダウンタウン・ブギブギバンドが歌う「身も心も」
昨年12月にこんな歌があるよと教えてくれた歌友さん。
一発で好きになりました。


ダウンタウン・ブギブギバンドなんてロックの歌が多いグループだと思っていたので、彼らの歌う歌なんかこれまで全く知らないままで来ました。


歌詞の中にはこんな一節があります

優しさなら分かち合える
身も心も 身も心も
一つに溶けて今俺の腕の中に眠る人よ



幻覚が起きて妻が叫んでいる
羽交い絞めにして・・・と


画像


そのとき妻の脳裏に何が起きているのか察しがついた。
身体を起こして抱きしめてやると、安心したのかその後言わなくなった。

そして私の腕の中で安らかな寝息をしながら・・・・


一つの命 今
俺の腕の中で夢見る人よ

身も心も  身も心も

一つに溶けて俺の中で眠る人よ


永遠の旅立ちをしていきました。





身も心も  歌 : ダウンタウン・ブギブギバンド







愛する人に贈る歌 柚子

自分より年若い女性を妻にもらったばかりに、先に逝くのは仕方がないけど、
これまでの二人の歩みに感謝して歌った歌が、湯原昌幸さんが歌う「柚子」


画像



あの日まで何ともなく歌えた歌が、今の自分にはこの歌が歌えなくなった。
こみあげてくるものを我慢できなくなって、どうしてもこの歌だけは歌えない。


もう少し経てば心も落ち着くだろうが、まだまだ時間がかかるのかも。


素敵な思い出をありがとう
そっとつぶやいています。





柚子 歌 : 湯原昌幸 

冬桜  湯原昌幸

冬にも桜は開きます
季節外れではなく、寒い中でもけなげに咲いてくれます。

寒桜、10月桜もそうですが、ここで言う冬桜と同じものかは知りませんが、春以外に咲くのでこのような呼び方をします。


湯原さんが歌う冬桜
人生を歩んできた自分の面影を歌に託しています


画像

春の造幣局の桜です





冬桜  歌 : 湯原昌幸